☆☆☆【プレゼントキャンペーン】☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1周年記念"BIG TREE HUMMER" ペンダントプレゼント中
ネットショップはこちらをクリック
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ターコイズと彫りに拘るジュエリークエイター カネコダイキです。

 

今回は「クォ―ツ入りのターコイズの希少性」についてです。

 

ターコイズには、ターコイズ以外の鉱物がはいることは良くあります。

ターコイズのマトリックス(=ウェブ)部分も、もちろんターコイズではないです。

➡この部分については過去の記事でご覧いただけます。

 

さてその他の鉱物が入るもので、「クオーツ=石英」が入るターコイズがあります。

クオーツがはいるということは、どんな見た目なのか?

クオーツ入りターコイズ

このような見た目になります。

ターコイズとクオーツが混ざったようになります。

ターコイズの雰囲気もツルツルとしていて、

クオーツの成分とターコイズの成分が混ざっています。

スパイダーウェブ&クオーツ (30ct over)

こちらもクオーツが6カ所位に含まれています。

スパイダーウェブとクオーツ入りの珍しいターコイズです。

クオーツが含まれているターコイズは性質的に硬度が高いと考えられます。

 

本当に純粋に透明なクオーツ(水晶クラス)が入ったターコイズもあります。

これは私も数多くは見た事はないですし、クオーツ入り自体数が少ないです。

 

クオーツ入りのターコイズは以前にも記事で書いたのですが、

クオーツの成長が100年で数ミリ程度といわれています。

とても長い時間でターコイズと一緒に育った部位だけしかありません。

とても希少で綺麗で魅力たっぷりだと思います ♪

 

「クォ―ツ入りのターコイズの希少性」についてでした。

 

BIG TREE カネコ ダイキ